FC2ブログ

日 本 時 計 研 究 会 々 報

訃報

NAWCC第108支部・古典時計協会 会長 上瀬千春 儀。
6月1日、永眠されました。
ここに心からの哀悼の意を表すとともに謹んでお悔やみを申し上げます。
つきましては通夜ならびに告別式が下記日程にて執り行われるとのことです。
合わせてお知らせ申し上げます。


一、通夜 6月7日(水) 午後6時より7時
一、葬儀、告別式 6月8日(木) 午前10時から11時
一、場所 長青山梅窓院 観音堂(TEL 03-3404-8447)
港区南青山2-26-38
以上
--------------------------------------------------------------------------------
※見学会のため通常例会と開催曜日、時刻が異なりますのでご注意ください。
◎ 6月 根津の大名時計博物館・見学のお知らせ

大名時計博物館:台東区谷中2-1-27 問い合わせ 03-3821-6913

  日  時 6月17日(第3土曜日)午後1時
集合場所 地下鉄千代田線(C14)、根津駅(代々木上原寄り)出口2番(エレベーター有)、に集合してください。
       出発、 午後1時20分、大名時計博物館まで徒歩10分ほど

 当日の連絡先 090-2151-7149早川隆司
        090-1103-2692加藤浩巳
当日の見学時間は約1時間、入館料は300円で会員の方は会で負担を致しますので
出席名簿に捺印をお願い致します。

今回の大名時計博物館は、江戸時代に大名お抱えの御時計師達が、長い年月をかけて手造りで製作した時計です、製作技術、機構、材質などの優れた「大名時計」は美術工芸品で世界に類のない日本独特の時計です。時刻はヨーロッパで使用された、24時間の定時法の時刻と異なり、大名時計は不定時法を用いた時計です。不定時法とは、夜明けから日暮れまでの昼を六等分、日暮れから夜明けまでの夜を六等分した時刻です。夜明けと日暮れは季節によって時間が変わるため、昼と夜の長さが変わり、一時(いっとき)の長さが変わる時刻です。これらの江戸時代の大名時計を展示した、専門の博物館です。
収蔵品:大名時計の他、外国製時計、明治、大正時代の日本製時計、参考文献、
東京都有形指定文化財88点。
なお、見学終了後は「湯島雅亭」にて懇親会を行います。

≪平成29年度の会費未納の方は納入をお願い致します≫
平成29年度の会費を受付けております8,000円となります、尚、メール配信希望者には従来通り7,000円ですがアドレスの登録をお願いします。時計学校の学生の方は6,000円です。年会費の納入は月例会会場、事務所宛郵送、銀行振り込み等でお願いします。

「銀行振り込みの方は下記の口座にお願いいたします」
  みずほ銀行  稲荷町支店
店番号090 普通預金口座 1496397
口座名 桑名 才次(クワナ サイジ)

7月 例会予告
 課題 詳細は7月会報にてお知らせします。 長谷川 脩 講師

スポンサーサイト



プロフィール

ntken

Author:ntken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード