FC2ブログ

月例会について

日 本 時 計 研 究 会 々 報
平成28年7月(2016.7 No.57-7)
◎7月 月例会のお知らせ

日 時 7月14日(第2木曜日)PM6:00~9:00 都合で延長有り。
会 場  台東区立上野区民館4階 401  電話 5815-8612
課 題 実用的なクロック修理工具 ブッシュ穴開け器、全舞巻上げ器
講 師 日本時計研究会 会員 山科 義和 氏

クロック修理に使う工具を自作。ブッシュ穴リーマー、全舞巻上げ装置。実用的な修理工具を一つの案として、ご覧下さい。
=ブッシュ穴を開けるとき、どうやって中心を出すんだろうか=
皆さんが思っておられます。最初に中心を決めて穴を開ければ良いのです。
そのためにはスマホを拡大鏡代わりにします。自作リーマーで穴を開けます。
   =香箱から全舞を出すのが大変だ=
ほとんどの方がヤットコで全舞を掴み強引に引っ張り出していることと思います。
これは危険であるばかりか全舞を変形させてしまいます。自作全舞巻き込み器を見て頂きます。逆転止め装置は、市販の“ラチェットスパナ“
   =巻鍵を作ろう=
上記、巻き込み装置に必須の巻鍵。厚さ0.2ミリの薄真鍮板を使って、簡単に巻鍵を作ります。高価な機械の代わりに、手作りしてみませんか。他に半田付け作業を実演します。      
  
≪平成28年度の会費未納の方は納入をお願いします≫
平成28年度の会費を受付けております8,000円となります、尚、メール配信希望者には従来通り7,000円ですがアドレスの登録をお願いします。時計学校の学生の方は6,000円です。年会費の納入は月例会会場、事務所宛郵送、銀行振り込み等でお願いします。

「銀行振り込みの方は下記の口座にお願いいたします」
  みずほ銀行  稲荷町支店
店番号090 普通預金口座 1496397
口座名 桑名 才次(クワナ サイジ)

「住所変更」は事務局まで早急にご連絡下さい
研究会では会報の発送をヤマト便に委託をしております、郵便局と異なりヤマト便では転送ができません、研究会に返送されてしまいますので、速やかに下記までご連絡下さい。 E-mail: kuwana3@gmail.com または、 FAX:03-3837-2167
8月 例会予告  
 セイコーミュージアムの見学 8月21日(日曜日)
古典時計協会と合同見学を予定しております、詳細は8月月例会お知らせにて。
スポンサーサイト



プロフィール

ntken

Author:ntken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード