FC2ブログ

月例会について

日 本 時 計 研 究 会 々 報
平成27年4月(2015.4 No.56-4)
◎4月 月例会のお知らせ
  日 時  4月9日(第2木曜日)PM6:00~9:00
  会 場  台東区立上野区民館4階 401  電話 5815-8612
課 題 時計精密旋盤の種類と選び方(付属品)について
講 師 日本時計研究会会員 長谷川 脩 氏

 旋盤は一度はふれてみたい工具ですが、高価な点もあってなかなか思うように購入する事が出来ません、しかし我々にとっては何時の日か手に入れたいと思うのはむしろ当然の事と言えるでしょう、自分なりにどの様な旋盤を選んだらよいのでしょうか。
今月は旋盤の事にお詳しい、会員の長谷川 脩氏に旋盤の種類・付属品についての説明と、それぞれの使い道に沿った旋盤の選び方について、実物を見ながら更に種類・付属品等についてはプロジェクターを見ながら解説をして頂きます。

特に旋盤の購入が初めてという方にとっては、選択にあたり着目すべき点が何処にあるのかといった根源的な疑問を抱かれることと思います。
そうした視点に立ったお話をうかがうことが出来ることと期待しています。

また、実際に旋盤のヘッドを分解して、オーバーホールする上で、注意すべき点の説明もしていただけることになっています。

≪会費の納入をお願いします≫
平成27年度の会費を受付けております、8,000円となります、尚、メール配信希望者には従来通り7,000円ですが、アドレスの登録をお願いします。時計学校の学生の方は6,000円です。
年会費の納入は月例会会場、事務所宛郵送、銀行振り込み等でお願いします。
銀行振り込みの方は下記の口座にお願いいたします。

みずほ銀行  稲荷町支店
店番号090 普通預金口座 1496397
口座名 桑名 才次(クワナ サイジ)

5月月例会予告
 小牧 先生の疾病も癒えて久しぶりの講義を頂きます、ご期待下さい。
 「機械時計講座 第1話」講師 小牧 昭一郎氏
 「天文台クロノメーターコンクールから」
1964年から1968年まで、セイコーはスイスの天文台へクロノメーターを提出しました。かっての、精度を競うこの経過から、現在の機械時計の精度につながるいくつか話題を提供しましょう。
スポンサーサイト



プロフィール

ntken

Author:ntken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード