FC2ブログ

月例会について

日 本 時 計 研 究 会 々 報
平成27年1月(2015.1 No.56-1)
新年あけましておめでとうございます
平成27年の新春を迎えるにあたり、会員の方々には新たな意欲と決意を持って希望に満ちた新年を迎えられた事と思います。
昨年は桑名前会長より会を引き継ぎまして、模索をしながらの1年でしたが、
運営の難しさを実感し及ばなかった事も多々あり反省をして、会員の皆様はじめ講師の方々のご協力を得ながら次に進んで参りたいと思いますので、宜しく
お願い申し上げます。
昨年の消費税増税以降一向に景気の回復もままならず、景況感も大手企業に留まり、末端まで行き届くには程遠いのが実感です。
時計業界は輸入物価の高騰の影響を受けて、部品価格の改訂も見込まれます
一方時計の修理もメーカー修理品が多くなってきましたので、会員各位も
一層技術の向上を目指して行かねばなりません、昨年から始まったCMWの
試験にも挑戦をされて、古い時計の修復が出来る様に頑張って下さい、会でも
役立つ課題を提案して参ります。
最後になりましたが皆様のご健康とご多幸をお祈りしまして新年のご挨拶といたします。                   会長 早川隆司
◎ 1月例会のお知らせ
  日 時 1月8日(第二木曜日) 午後6時より
  会 場 台東区立上野区民館4階 401 電話5815-8612
  課 題 平成27年度 日本時計研究会 定時総会
  議 事
      平成26年度 事業経過報告 会計 報告  会計監査報告
      平成27年度 予算案 提出  役員 改選
      新名誉会員 桑名才次氏 加藤 實氏(12月役員会で推挙)
尚、総会終了後は例年の通り「雅亭」にて懇親会を実施致します。
会費は3,000円です、大勢集まって楽しく賑やかに新春を飾りましょう。
2月例会予告
「旋盤教室」Ⅰ 古典時計協会 名誉会長 加藤 實 氏

平成27年度の会費を受け付けております、昨年同様8,000円です、ネット配信登録者は7,000円、学生の方は6,000円です、尚、入会金は不要ですので暫くお休みしていた方はこの機会にぜひ再入会して頂きたいと思います。
《事務局からのお知らせ》
「住所変更」は事務局までご連絡下さい。
研究会では会報の発送をヤマト便に依頼をしております。郵便局と異なりヤマト便は転送ができず、研究会に返送されてしまいますので、速やかにご連絡下さい。
e-mail:kuwana3@gmail.com または FAX:03-3837-2167
スポンサーサイト



プロフィール

ntken

Author:ntken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード