FC2ブログ

月例会について

日 本 時 計 研 究 会 々 報
   平成25年6月(2013.6 No.54-6)
◎6月例会のお知らせ           
  日 時  6月13日(第2木曜日)PM6:00~9:00
  会 場  台東区立上野区民館4階 401  電話 5815-8612
  課 題 機械時計の古典的な調整理論と最新技術
重りつけ技術と関連理論
  講 師  日本時計研究会 技術顧問 小牧 昭一郎 氏

 機械時計の古典的な調整理論と最新技術
重りつけ技術と関連理論
 重りつけ(ヒゲゼンマイに重りを付けて姿勢差をなくす方法)は古くから知られている技法ですが、その最新理論と、最近の技術動向を解説します。重りつけは40年前に実施されたことがあり、また数年前にもこの研究会で説明もしました。しかし、理論も不完全であることが今回わかりました。また、これらの背景として知らなければならない理論(平等時性、立等時性)についても、関連する部分を詳しく解説します。日本発の優秀な調整理論として改めてご紹介するものです。なにしろ、ひげ玉付近の構造に、大きな修正が要りません、どなたでも実験することが可能な,おおらかな方法です。どのくらい精密な調整ができるか、大いに精密調整を楽しみましょう。
スポンサーサイト



プロフィール

ntken

Author:ntken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード